×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

つくばの放射線まとめ

データー

まずは放射線測定をしている産総研のデーターです
産総研 つくばセンター放射線測定結果
<測定場所>
毎時の測定後30分以内に更新
茨城県つくば市東1−1 産総研つくば中央第一事業所
ここで使っているのはマイクロシーベルト(μSv)という単位です。
マイクロシーベルトとは、放射線量の単位で、放射線が体に吸収されて、体にどれぐらい影響を及ぼすのかを表す放射線の量のことです
。 人は、年間におよそ2400マイクロシーベルトの放射線を自然に受けています。胸のレントゲン撮影をすると50マイクロシーベルトの放射線を受けます。


次に高エネルギー加速研究機構のデーター
高エネ 現在は10日置きぐらいにデーターを発表している感じです。
1.採取場所:国立環境研究所敷地内
2.ハイボリュウムエアサンプラー:毎分600 m3で2日間連続吸引した。
3.使用ろ紙:石英繊維ろ紙(1枚)および活性炭ろ紙(2枚)の2段組で捕集

降雨があった5月3・5日(第32回)では濃度の若干の増加が見られた。
以上のことから、地表面に沈積しているCs-137、Cs-134の空気中への舞い上がりは顕著にはあらわれていないといえる。
雨に影響されるみたいですね

その他つくば市のお役立ち情報
つくばの総合サイト
つくば関連のニュースやtwiiterなんかでもつぶやかれているみたいです